ミノタケ生活

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミノタケ生活

断捨離から始める身の丈生活 借金とともに

物を捨てたことで得たものがある

断捨離をして良かったと思うことは、捨てることで逆に得るものがあったという点です。

今まで捨ててきた物は、服・食器・思い出の品・写真・家電・家具に至るまで様々です。
40リットルごみ袋30個以上、粗大ごみ6回、リサイクルショップの出張買取り1回、店頭買取り10回以上してきました。
捨てて売って手放しまくってきましたが、今まで「捨てなければよかった…」と後悔したことは一度もありません。

増え続ける物は、収納して当おくのが当たり前?

昔からインテリアや収納は好きで、ホームセンターや100均での買い物が好きでした。
母の持っていた近藤典子さんの収納本が好きで、ひとり暮らしを始める時に参考にしたくて、譲ってもらった程です。

たくさんの物をきれいに収納するため、突っ張り棒やカラーボックス、プラスチック容器を駆使していました。
収納道具って見ているだけでワクワクしませんか?
「これがあれば、散らかっているあそこが片付く!」と思って、ついつい買い足してしまいます。

でも、収納道具を買う前にちょっと待った!

その”物”は、道具を駆使して収納しなければいけないほど、あなたの人生に大切な物でしょうか?

物を捨てると運気が上がる?

「でも、いつか使うかもしれないし。」

大抵の人は、こんな軽い気持ちで、なんとなく物を保管してあると思います。

私自身、断捨離を始めたのは2015年春、夫の借金発覚の後でした。

とにかく当時は現状を変えたくて、運気を上げたくて、必死に物を捨てました。

目の前にある「使うかどうかわからないけど、なんとなくとってある物」が、なんだかとっても「悪い気をまとった、禍々しい物」に見えたのです。

捨てまくると、引き出しが空っぽになったり、壁や床が見えてくるようになります。
すると、そこに溜まっている汚れやホコリが見えてきて、ますます愕然とします。

「私ってこんな汚い空間で生活していたんだ。」

こうなるともう運気が上がるところではありません。
目の前の汚れを落とす「掃除」も同時進行でやる必要があります。

それは、今までの自分の不甲斐なさを実感する瞬間でもありました。

何度も心折れそうになりながら、なんとか必死で断捨離と掃除を進めていくと、あることに気づきました。

掃除によって風通しが良くなるのは確か

引き出しをひっくり返したり、普段動かさないタンスをずらしたり、クローゼットの奥に頭を突っ込んだり。

掃除機をかけたり雑巾で拭いたりしていると、淀んでいた空気が少しだけ動いた気がしました。
あれもこれもと動かしているので、風通しが良くなったのは確かです。

但し全てをいっぺんにすることはできないので、本当に少しずつでしたが。

このまま、借金と夫のうつも吹き飛ばしたいと思った

徐々に物が減る⇒物が少ないとお部屋の掃除がしやすい⇒風通しが良くなった気がする⇒もっと物を減らしたくなる

このループに気づいた私は、このまま断捨離を続ければ、悩みも不運も全て吹き飛ばせるような気がしました。

実は、その頃引きこもりだった夫が部屋の変化に気づき、居心地が良いと言ってくれるようになったのです。
それまでは「この部屋には自分の居場所が無い」と言っていたのです。
おかげで少しずつ効果が出ていると実感することができました。

手に入れたのはきれいな部屋と余裕

断捨離を始めてもうすぐ1年になります。

あれ以来、少しずつですが得ることができるようになったもの。
それは、きれいな部屋・自分の時間・心の余裕・お金の余裕という、昔からずっと欲しかったけど、手に入れるのが難しいと思っていたものばかりです。

最近は、掃除をすると運気が上がると本気で信じて実践するようにしています。

悪いことがあったら、掃除が足りないのかな?と思うくらいです(笑)

これからも面倒くさがらず、部屋の掃除を頑張りたいと思います。