ミノタケ生活

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミノタケ生活

断捨離から始める身の丈生活 借金とともに

とにかく書いて書いて書きまくるしかない。ウルスラに学ぶ。

魔女の宅急便」に出てくるウルスラというキャラをご存知でしょうか?
キキが森で出会う絵描きの女性です。

私、特別ジブリが好きなわけでもなく、ましてやこのウルスラというキャラに思い入れがあるというわけでは全くありませんが、ブログを書き始めてから不思議と彼女のセリフを思い出したのでご紹介したいと思います。

誰かのマネをしているという感覚が抜けない

私のブログはいわゆる「日記系」で、もしかしたら今はやりの「片付け系」「ミニマリスト系」を意識した内容になっているかもしれません。

というか、今まで片付け系のブログをたくさん読んできたおかげで、自分が書く内容も、文章も、なんか前にどこかで見たことがあるような気がする…と思ってしまいます。

ブログを始めたばかりなので、自分のオリジナリティが見つけられていない、という言い方もあるのかもしれませんが。

書いても書いても、いや書けば書くほど、何を書いたらいいかわからなくなってきました。

ネットの世界で何かわからないことがあると、googleで検索をかけるというのが当たり前の行為になっていて。

他のブロガー達は何を書いているのだろう?と検索して読めば読むほど、どんどん自分の書きたい文章がわからなくなってきています。

そんなとき、ふと、ウルスラのセリフを思い出したのです。

キキが、空を飛ぶ魔法が原因不明で使えなくなり悩んでいる時に、森の中の小屋でウルスラがキキに言ったセリフです。

f:id:lepetite:20170129222258j:plain

ウルスラ 私もよく描けなくなるよ。

キキ ホント!? そういう時どうするの!?

私 前は何も考えなくても飛べたの。
でも今は どうやって飛べたのかわからなくなっちゃった

そういう時はジタバタするしかないよ。
描いて 描いて 描きまくる!

でもやっぱり飛べなかったら?

描くのをやめる。
散歩したり 景色を見たり 昼寝したり 何もしない。
そのうちに急に描きたくなるんだよ。

なるかしら。

なるさ!

絵描くの楽しくてさ 寝るのが惜しいくらいだったんだよ。
それがね ある日 全然描けなくなっちゃった。
描いても描いても気に入らないの。

それまでの絵が誰かのマネだって分かったんだよ。

どこかで見たことがあるってね。
自分の絵を描かなきゃって。

苦しかった?

知れは今も同じ。
でもね その後 少~し前より絵を描くってこと分かったみたい。

とにかく進むしかない、立ち止まっていても成長しない

ブログを書くということ、まだ自分の中で正解は見つけられていないです…。

でもとりあえず、せっかくこのブログという場所を与えて頂いて、私は恐れ多くも「藤井カメ」という存在を発信する場所を得ています。

なのでまずは、自分に遠慮せず、自分の書きたいことを書く。

以前と比べて、ブログが生活の一部になりつつあります。
普段生活していても「これはネタになりそうだな」と思ったり、お風呂に入っている時に「こういうこと書いたら面白いかな?」とアイデアを思いついたり。

例えそれが誰かの真似ごとで、オリジナリティが無い…と思って悩んでも、それでも自分が思ったことをアウトプットしたい。
その為にまずは書くしかない。

「書いて 書いて 書きまくる!」

うーん、私にできるかしら(弱気)
そしていつまで続けられるかしら(超弱気)

本日もお読み頂きありがとうございました。

 ※2017.2.4追記※
 この記事を自分で書いてから、過去記事がますます気に入らなくなり、過去記事の数か所を加筆・修正致しました。